よくある質問

  • Q:調査をお願いする場合の費用は必要ですか?

    A: 見積書を提出するのに必要な調査は目視による場合は必要ございませんが、作業車等の機材を使用する場合は別途ご相談させていただく場合もございます。
  • Q:個人住宅ですが防水工事にかかる期間は?

    A: 作業をする規模や工法によりますが、改修の場合は3日~1週間とお考えください。
  • Q:夏に2階の部屋が大変暑いのですが屋上を改修する時にもう少し涼しくしたいのですが?

    A: 現在の屋上の状態を拝見させて頂きご提案いたしますが、断熱材を入れる方法、遮熱材料を使用する方法などご好評です。
  • Q:防水の塗装が消えかかっているのですが大丈夫ですか?

    A: 防水材の上に塗装が施してあるものは、その塗料によって太陽光などから防水層を保護しています。防水層が露出すると劣化速度が上がり、耐用年数が短くなります。早急に専用の塗料で施工ください。また、カラー仕上げのシート防水材はこの限りではございません。
  • Q:防水の改修工事にはどんな方法が最適ですか。

    A: 建物の構造、施工箇所の現在の状態など工事ごとに最適と思われる工法をご提案させて頂きます。時期、ご予算の関係もございますので調査の上、ご相談させていただきます。
  • Q:木造住宅の雨漏れも見ていただけますか?

    A: 建物の構造に関係なくご相談ください。
  • Q:防水はFRP防水が良いと聞きましたが?

    A: 木造住宅などのバルコニーに多く使用されています。仕上がりも耐久性も良いのですが他の防水材と比較すると柔軟性に欠けるので小面積の場所に採用されるのが良いでしょう。
  • Q:屋上から雨漏れがしているようで、上がって見たところコンクリートだけのようですが防水は施工されていますでしょうか?

    A: 防水層はコンクリートの下にあると思われます。保護層のモルタルが最上部にあるのでしょうが、年数が経っていれば雨水が保護層の下に蓄積されていることも考られ、改修の場合は脱気工法の防水を施工するのが最善と考えれます。
  • Q:木造住宅の窓付近から雨漏れがするのですが外壁のサイディングの目地のシールが原因でしょうか?

    A: 外壁のサイディングは目地シールが切れても外壁内側の防水シート・窓廻りの防水テープで雨水の侵入を防いでおりますので部屋の中に雨漏れが現れることは少ないようです。しかし、以前の建物は防水テープなど不十分な場合も多くシールが切れると雨漏れする場合も多いようです。このあたりが原因でしょう。また、最近は外壁材も厚くなってきていますので目地シールが切れる事も少なくなってきています。
  • Q:防水の改修工事をするにあたって予算的にはどれくらい必要でしょうか?

    A: 改修工事の場合は新築時よりも予算的には多く必要です。現状の様子や広さ、防水を施す下地の状態で変わりますが、住宅の場合は㎡当たり6,000円前後ではないでしょうか。

  • お問い合せはこちらから

  • 施工事例

  • お料金一覧表

  • よくある質問

  • 旭マテリアルはこんな会社です

雨漏り・外壁修理など、まずはお気軽にご相談ください