本サイトのご利用にあたって

ご使用のブラウザ環境では、本サイトが正しく表示できない可能性があります。
以下の注意点を確認し、必要な設定を行った上で再度表示してください。

  • ブラウザの JavaScript 設定を有効化してください。
  • 最新の Adobe Flash Player をインストールしてください。

Get Adobe Flash Player

ご案内

建物の防水は永久不変ではございません。
経年劣化による性能の低下は日々進行しており、やがて建物内部への漏水と変化いたします。
改修工事は10年周期が理想ですが、外的要因による影響も考慮し、点検だけでも数年ごとに行いたいものです。
私共、大切な建物の寿命を延ばし資産価値を高める為、長年の調査、工事によって培った経験を基に、現状の建物の状態・環境・ご予算を考慮し、最適な工事方法をご提案しております。

雨漏れ事例

目地シールの不良箇所による漏水

目地からの漏水

シーリング材の優れた弾性効力は、外装材の目地部分に充填し外装部材同士の動きや伸縮にも追従することになりますが、耐用年限を超え劣化が進行いたしますとシーリング材の弾性効力が失われ、表面のひび割れが発生、目地からの漏水による被害が発生いたします。
近年、外装材のサイディングは木造住宅に多く採用されておりますが、漏水の原因として多いのは目地の劣化によるもので、内部の造作物を腐らせる原因にもなります。
階壁面からの漏水により1階内部天井に現れたシミ

屋上防水層の劣化損耗によりその機能が失われています

防水層

防水層は全体に覆い水密性を持たせることにより漏水を防いでいますが、経年劣化により防水層が部分的に消失、残存する部分も塗装のような厚みでは防水層としての役割を果たしているとは思えません。

防水性能の低下による鉄骨・鉄筋建物に及ぼす影響

サビ

屋上・笠木部分の防水性能の低下により、躯体の鉄骨や鉄筋が浸入した雨水の影響でサビが発生しコンクリート部分がサビの発生により膨張した鉄部により爆裂を起こしています。
非常に危険な状態に陥る前のメンテナンスが望まれます。


  • お問い合せはこちらから
  • 施工事例
  • お料金一覧表
  • よくある質問
  • 旭マテリアルはこんな会社です
雨漏り・外壁修理など、まずはお気軽にご相談ください